ShojonoTomo ArtWorks

Blog

ショウジョノトモのブログ【アーティスト情報!】

美術家「ショウジョノトモ」のアート活動や最新情報をお知らせするブログです。
TOOWA2(トウワツウ)が挑むサイレント映画『侵蝕 -Erosion-』!

1532792758934.jpg

toowa.jpg


「登場人物の感情を音色で伝える」という実験的なshortfilm"ENSEMBLE"が
カンヌ国際映画祭のショートフィルムコーナーに選出されるなど
近年めざましく活動しているTOOWA2(トウワツウ)君が、
初の長編映画製作!クラウドファンディングに挑戦(私は衣装の企画制作で参加)

インスタエローション

*言葉感情を表現できない人々をコルセットのような強制品として表現したいと思い
スケッチを描いたもの(私が1発目にかんがえたのは箱人間ジャミラみたいなもっと動きが取れにくいものだったのを
toowaくんの意見を聞いて改良。2人で日曜大工センターまで物色に行ったり来たり^^)

脚本を読ませていただきましたが、感情を言葉で表現できない人たちというキャラクターは、
私の創作コンセプトと共通していたのでのめり込んで耳を傾けました。
残念ながら、クラウドファウンディングは目標額に達しなかったので
映画作成は今回実現はしませんでした。
でも100万以上の金額をご支援いただいたり、様々な出会いを得て
次回への新たな手応えを感じました。(て、私がいう事じゃないか?)

クラウドファウンディングをクリエイターが起こすことへの賛否両論があるようですが
どんなモノでもすべてがyesでないのは当たり前。noと感じる人に強要するつもりはありません。

でも作家への神聖化を求めるあまりか?
俗世間のことを考えることができない人=芸術に陶酔している人
と考えるならば、その人はその作家の才能を真に見ているとは思えません。

また、今回toowaくんの活動を見ていて感じましたが
彼自身、自己資金を工面した上で不足分のご支援を受けるために日々努力を重ね
決して楽して資金を得られるモノなどと思っていないこと
またその自己資金も簡単に手に入れたのではないことを知ってほしいと思いました。
また、もしそう言った苦労がなく、クラウドファウンディングを立ち上げたとして
創りたい熱意に対して、投資したい人がいる
シンプルにそういう気持ちが起こる事こそ素晴らしい事じゃないでしょうか?
自分が稼いだお金を、他人の夢に投資し実現させる事が自分の夢になる
それこそすごくピュアな「熱」!
これをきっかけに、私もアウトサイダーのギャラリーと、友人の映画祭に初クラウドファウンディング
参加してみました。

ぜひtoowa2くんには再チャレンジをしてもらいたいと思います。
ご協力くださった皆様に心からお礼を申し上げます^^


https://motion-gallery.net/projects/t2filmproject

Experimental shortfilm "ENSEMBLE" that "tells the characters' feelings with timbre" was elected as a short film section of the International Cannes Film Festival

TOOWA 2 (Touwattsu) who has been acting extensively in recent years is planning a silent movie "erosion - Erosion -".

And the first feature film production! I decided to challenge cloud funding. I participate in costume planning and production.

I read the screenplay, but the characters that people who can not express emotions with words were in common with my creative concept, so I listened attentively. I am very glad if you can see the thoughts on this first feature film and get interested and get interest.thank you

インスタキリンの滑り台

ブログカオリンとtoowa


DSC_4235.jpg


1528518053111.jpg
*俳優さん、ミュージシャンの方など集まってアピールイベントや、様々なイベントに顔を出して宣伝告知
toowa2くん、皆様、またvol2でお会いしましょう〜^^
何と、最後にブログを書いてから半年が経過してしまいました><
HPの情報も追いついていないので、ブログで大事なことだけ告知しまーす(汗)

その1
クリエイター応援メディア「Get Wel ]にて2018/2月にインタビューいただきました。
インスタgetwel

永遠の子供の魂をテーマにするアーティスト。
最近は「スキンシップバーニー」ヤケド覚悟で抱きしめて、を掲げ、
孤独化する子供たちの心を表現し続けるショウジョノトモ。

getweltomo覆面伊勢屋前2


https://www.youtube.com/watch?v=4mMuAuBixl4&t=7s


【GetWel interview】Volume of Shojono Tomo Japanese artist Shojono Tomo's interview video with English subtitle was posted on GerWel. Shojono Tomo has had international gallery shows over the years. She attracted a lot of attention by American hip-hop star Nicki Minaj had wore her collection in a few years ago. Shojono Tomo has been working on creating new art works, as its name suggests “Friend Of The Child” in Japanese, is an artist who draws on theme of souls of “eternal children”.


My interview became a video.
Movie creators are "Get Wel" to support creators.

SKINSHIP BURNY ( love sick ) *
Love me so strong it burns. It is the year 2xxx ! Mankind was facing a new problem that
appeared after avoiding the El nino phenomenon. An on coming Ice age caused by the children who could not put up
with loneliness. They purposely dropped their own body temperature to extremely low levels. In opposition, the
children against them raised their body temperature to extremely high levels, and if they couldn’t get any love,
they purposely went up in flames. The human El nino phenomenon... This was called 'LOVE SICK'. Their password
was ' Love me so strong it burns'. They were waiting for your love,be held tightly even through you’d get burnt.

*SKINSHIP (physical contact)

WHO IS SHOJONOTOMO?

please look at movie⬇️

https://youtu.be/4mMuAuBixl4

Japanese artist Shojono Tomo's interview video with English subtitle was posted on GerWel. Shojono Tomo has had international gallery shows over the years. She attracted a lot of attention by American hip-hop star Nicki Minaj had wore her collection in a few years ago. Shojono Tomo has been working on creating new art works, as its name suggests “Friend Of The Child” in Japanese, is an artist who draws on theme of souls of “eternal children”.(copy by yoko oikawa)
編集後記
getwelの皆さんと、繋げてくれた及川洋子さん(写真はガケップティーの大家の工事くん)
皆さまありがとうございました^^
getwel編集後記


インスタギター弾くtomo72

ギターきた!
昨年7月に島村楽器さんより依頼を受け、ついに完成したオリジナルギター^^
『HORNET/TOKIO』
(島村さんのオリジナルブランド 'RYOGA'とのコラボです)
マホガニー材を使用し中音域の豊かなトーンが魅力

私が一番メカメカしていた時に描いた「TOKIO」(車の渋滞が足になっているNOIZE MAN)を
再び描き起こしてます。
世界に12本しかない限定モデルです。興奮しても焼かない折らないで〜(ジミヘンの真似はやめようね)
誰に弾いてほしいか?と聞かれて思い浮かんだのがやんちゃ弾きしてた頃のGREEN DAY.
どんどん劣化していくところが見たいー!!

とFACEBOOKで書いていたら、昨日カナダのウィニペグ出身のミュージシャンMARKから
「ギター購入したいんだけど」と、連絡をもらった^^
彼は、私がNICKI MINAJの衣装い関わっていた頃、FACBOOKで連絡をくれ
「君がNICKIの仕事をしているからじゃなく作品が好きなんだ」と言って友達になってくれた人。
本当に嬉しかったし、MARKは東京でのEXHIBITIONに来てくれたり
自分の音楽を送ってくれたりとしている。
そんな彼がまたも、君の作品が欲しいと言ってくれた。
ありがとうマーク(^^)

で、ギターのこと書いているWEBページはあるの?と聞かれ
最近全く更新できてないHPな上、ギターの告知をブログでしていないことに気がつき
急いで書いてます><(島村さんごめんあさい)
WEB SHOPはこちら⇩
http://store.shimamura.co.jp/shop/g/gmt0062068/

作品のSTORY。。。
ギターピックの顔を持つハチ[ピックビー ]
世の中のノイズを顔のピックでつま弾くROCK BEEである。
特に車のノイズが大好物で、渋滞にはまった人間のいら立ちをガソリンにして
車を積み上げたった足を持った成虫[TOKIO]に変貌し、今日も ギターを弾き鳴らす。

https://www.ryogaguitars.com/hornet-tokio

RYOGA はアクティブなライブパフォーマンスに貢献するというブランドコンセプトのもと、
「独自の設計による優れた重量バランスや高い演奏性」を発揮するギター/ベースを提供しています。
この『HORNET/TOKIO』も同様の思想によって設計開発されており、
特にストラップを付けた立奏時に弾きやすいギターとして仕上がっています。
価格は¥155,000(税抜)。全国の島村楽器各店舗のほか、
最寄りの楽器小売店にてお取り扱いできます。また下記店舗では発
売当日より展示しますのでぜひお試しください。


新宿PePe 店、ミーナ町田店、大宮店、イオンレイクタウン店、横浜ビブレ店、ラゾーナ川崎店、水戸マイム店、
けやきウォーク前橋店、名古屋パルコ店、静岡パルコ店、梅田ロフト店、広島パルコ店、 イオンモール佐賀大和店


P1040528.jpg

P1040530.jpg

P1040531.jpg

TOKIO.jpg


ブログスタッフaさん
ブログスタッフbさん
新宿PEPE店の皆さんに熱演(GREEN DAYをリクエスト)してもらったのに
動画を見たら、撮れてなかったという本当ごめんなさいの写真><すみません〜
名古屋店の皆さんは、何やらTOKIOの絵でお面を作成して動画を撮影してくれてるとか?
ぜひ12店舗に会いに行きたいです。
みなさまご協力ありがとうございます^^♫
https://www.instagram.com/ryogaguitars/

At last the completed original guitar! I collaborated with Shimamura Music Instruments Company. It was released on the 8th. It is limited edition of only 12 in the world. Please give me a scream with your arms. (Do not bake or fold it while imitating Jimmy Hendrix)


A bee with a guitar pick face [PIC BEE].
ROCK BEE strikes the noise of the world with a face pick.
He likes car noise a lot. Transforming to the adult [TOKIO] by making gasoline of irritated human beings in traffic congestion. That's why his feet are made of mountains of traffic. He also plays the guitar today.
https://www.ryogaguitars.com/hornet-tokio




TOP