ShojonoTomo ArtWorks

Blog

ショウジョノトモのブログ【アーティスト情報!】

美術家「ショウジョノトモ」のアート活動や最新情報をお知らせするブログです。
11月21日に、友人TOOWAII君のお誘いで
up link factoryに行ってきました。
TOOWAIIさんは、私のインタラくティブアートである
「電車ごっこ」を映像に作成してくれた方で、
現在ストックホルムで上映中です。

で、なぜに今頃この記事を書くか?
とてもおもしろいメニューだったというのもあるのですが
この日参加された映像作家三名の内、
(活動写真弁士)の片岡一郎さんが
12月13日にクロアチアでの海外公演・
FILM MUTATIONS: THE FESTIVAL OF INVISIBLE CINEMAへの参加が決定されたそうで
これは日本代表を応援せねばということで
ちょっとどんなイベントだったのか含めご紹介です。

クロアチアでは
小津安二郎監督作品『生れてはみたけれど』を口演されます。
会場となるザグレブ近代美術館のサイトはこちら
ザグレブ近代美術館
 
生で弁士さんの口演を見たのは初めてでしたが
片岡さんが20年代のポルノ(無修正)に
アドリブで台詞をつけていくテクニック、絶妙な間は
エロとかグロとかをぶっ飛ばすものがありました。

若い人には特に知られていないモノクロの無声映画に
その場で声を入れていくお仕事です。
興味を持たれた方はぜひ!
片岡一郎さん



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★11月21日のイベント詳細

ストリートカルチャー発の疾走感が魅力のVJ・TOOWAII。
「新世紀エヴァンゲリオン」のオフィシャル・リミックス映像
「The Professionals-EVANGELION remix-」を手がけた鬼才。
「B-boys in Tokyo」などを上映。

若き天才・活動写真弁士として国内外で活躍する片岡一郎。
阪東妻三郎主演「喧嘩安兵衛」(1928)、「太郎さんの汽車」(1929)など
貴重な文化シャシンで活弁するレトロフューチャー体験!

音楽PVからドキュメンタリーまで幅広く手がける映像作家、佐々木誠。
ドキュメンタリーの概念をぶち壊した障害者の過激な恋愛映画
「マイノリティとセックスに関する2、3の事例」を上映。

映像文化においてメジャーシーン以外はなんでもサブカルチャーで括られてしまいがちな現代。
メジャーでもなくサブカルでもない絶妙な着地ポイントに位置する新しい分野も存在する!
まったくちがう角度から映像を再構築するクリエイターたち。
三者三様の分野から映像世界の「今」そして未来を映し出し、
それぞれの観点から探る待望の映像イベント!
映画創世記のサイレント映画と片岡一郎の活弁をVJ・TOOWAIIがリミックスするなど新たな試みにも挑戦する。


『非・サブカル映像アンダーグラウンド、上映予定作品』
TOOWAII(VJ,VIDEO DIRECTOR)
「The Professionals-EVANGELION remix-」
(「新世紀エヴァンゲリオン」のオフィシャル・リミックス映像)
「B-boys in Tokyo」
「Spoken Word!」
「ゆるゆるぐさり」など。
toowa II
えば


片岡一郎(活動写真弁士)
「喧嘩安兵衛」(1928) 阪東妻三郎主演
「太郎さんの汽車」(1929)など。
片岡さん


佐々木誠(映像作家)
「マイノリティとセックスに関する2、3の事例」(07)
「指輪ホテル 情熱」プロモーション映像
★12/13uplink factoryでのイベントもお見逃しなく
fragment
佐々木さん


佐々木さんのドキュメントにみせておいてフィクションだった!
という「マイノリティとセックスに関する2、3の事例」も
おもしろかったです。必見!
佐々木誠さんのブログ



“BLOND BUDDHAS”

aia event info

スエーデンのカメラマンaia judesオーガナイズで
先日までストックホルムにいたのが
ついこの間、、、
今度はaiaが日本で展覧会です。
こんなに早く再会出来るとは!!

デザインウィークで展示する他のスエーデンチームは表参道ヒルズで
彼女達は、神谷町にある「光明寺」というお寺で開催するそう。
ぜひ皆さんお越し下さい。
27日のパーティーは私もお手伝いに行きまーす。

28から30日まで行うワークショップの内容は
・ペーパーフラワーの制作
 →完成したペーパーフラワーは、10月31日に青山・国連大学で開催される
  スウェディッシュ・スタイル オフィシャルケーキパーティーのデコレーションに使用されます
・竹にリサイクルしたテキスタイルを貼り付けたオブジェ製作
を予定しているそうです。
皆さんぜひぜひご参加ください(^^)


詳細は下記
★“Blond Buddhas” at Komyoji Temple
★Opening party Tues Oct 27, 19.00 – 21.00.
★Exhibition and work shops, Wednesday Oct 28 – Friday Oct 30, 12.00-18.00.
★place Komyoji Temple
URL http://www.komyoji.org


梅上山 光明寺
(ばいじょうざん こうみょうじ)
東京都港区虎ノ門3-25-1
TEL 03-3431-5985
URL http://www.komyoji.org
“BLOND BUDDHAS”
他のスエーデンのイベント(表参道ヒルズで開催)も、合わせてご覧ください。

“BLOND BUDDHAS” (ブロンド・ブッダ)はスウェーデンの若手デザイナーによる
グループ・エキシビションです。
参加デザイナーは、デ・フィーラ、アヤ・ユィーデス、オーサ・ユングネリウス、
モニカ・フォシュテルとシモン・ファゲウス。
“スローデザイン”をテーマとするデザイン、アート、ハンドクラフト、
音楽の融合展示とワークショップ、カフェなど。


会場となるのは、都心にある小さなお寺、光明寺です。
このエキシビションは、今年で10周年を迎える
スウェディッシュ・スタイル・イン・トーキョーのメインイベントのひとつです。
スウェーデンと日本の、これまでの長期間の芸術・文化の交流へ、
心を込めて捧げたいと思います。

展示されるのは、遊び心に富んだ、詩的なカッティングエッジ・アートやクラフト、
“スロー・デザイン”なものばかり。作品の多くは、モダンなものだけでなく、
伝統的なものも含めて、スウェーデンと日本双方の文化から発想を得たものや、
それらの要素を取り入れたものです。
“サステナビリティ(持続可能性)”というのは、今日、とても話題となっているものですが、
この展示においても、さまざまな点で隠れたテーマとなっています。

このプロジェクトの責任者でもあるアヤ・ユィーデスは言います。
「私たち、“ブロンド・ブッダ”に参加するデザイナーはみんな日本へ行ったことがあり、
何らかの形でその文化とかかわりを持ってきました。
スウェディッシュ・スタイル・イン・トーキョーが10周年を迎え、
敬意を持って、私たちがこれまでに持った印象や経験を振り返ることが大切で、
それには人々により親密な出会いをもたらす、
よりおだやかな、スピリチュアルな場所で展示をひらきたいと思いました。
私たちにとって、お寺とコラボレーションすることは、とても刺激的なことであり、
展示を訪れてくれる人たちが私たちと一緒になり、
このフレンドリーな雰囲気から何かを感じ取ってほしいと思います。

展示とあわせて、私たち自身で準備する、
オーガニックな食材を使ったケーキとお茶で、
スウェーデン風に“フィーカ(スウェーデン語で「お茶をする」の意)”
を楽しんでください。
さあ、スウェーデンと日本の文化交流と友好関係が続いてきたことを、
スウェディッシュ・スタイル・イン・トーキョー10周年を祝いましょう!
メリークリスマス!イブイブイブイブの本日(むかっとくるね)
パルコのオークションイベントが終了~♪
ご来場いただいた皆様ありがっとうございました(^o^)

「そういえば去年の今頃も渋谷パルコに通っていたな~」
(2006年12月に期間限定SHOP&プチ個展をパルコパート1のB1Fで開催してた)
と、心臓破りの渋谷の坂道を上り
「ミームマシーンギャラリー」に到着。
今年発刊を予定していた、初画集の打ち合わせで
メタボリックな体を押して参上。

と、ギャラリーの及川さんが
「そういえばHALさんの本にトモサン載ってますよね」と
1冊の本を見せてくれた。
ハル本ブログ


そう、フォトグラファーHALさんは
2006年10月に開催した、ビームスギャラリーの個展で出会った方。
被写体を頼まれたものの、軽い社交辞令くらい思っていたら
11月のパルコ展に行くからそこで写真撮らせてくださいって。
で、お手伝いしてくれていた私の彼と共に数秒でちゃちゃっと撮影。
そこに丁度見に来てくださった
渋谷のミームマシーンギャラリーのお二人を紹介すると
写真集の展覧会をすることを決めたらしい
これまた早!

そんなことをすっかり忘れていた2007年今日、
ハルさんから個展のお知らせが届き
そうだ、撮影されたっけ、と思ったその日に。
ミームマシーンでその本を手にした。
しかも!ぺらぺらめくっていくと
なんと「サエキけんぞうさん」もカワイコチャンと1P飾っているではないか!

この1ヶ月後に私はサエキサンのTV番組で取材され、
後にアニメ「ヘンタイくん」を作成することになる。
勿論このことはハルさんは知らないし、
多分サエキサンも同じ本に掲載されてるのは知らないはず。

うーん人の縁ておもしろいな

本のタイトルは「PINKY&KILLER DX」 冬青社刊 
HALさん情報↓
フォグラファーHALさん

そうだ、アニメ「ヘンタイクン」は
いよいよ完成版を12/27の放送で発表だそうです。
いよいよ始動しました(^^)/

中京テレビ枠なので
放送地域は→ 名古屋圏=愛知・岐阜・三重(テレビ)
放送日:毎週木曜深夜(15分)

上記地区外の皆様には
※livedoorネットアニメ(ウェブ)で
1/7掲載&リリース放送です。
http://anime.livedoor.com/feature/category/3/
ブリーフ1枚で、女子につくすのが生き甲斐の変体(変態じゃにいのよ)くん。
応援してね。

それから東京Tシャツ部さんが
HPのコラムとリンク集で、ショウジョノトモと
EnocDouter,PORNOINVADERSを紹介してくれてます。
真冬もTシャツダー!という気合い野郎は
お気に入りを見つけに行ってみてくださいな。
http://www.tokyotshirts.com/

今年もいろんな方にお世話になりました。
あいうっしゅあめりくりすっすますですます♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★ショウジョノトモのART活動、SHOP情報は
メルマガで配信中↓
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01011609


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★ショウジョノトモのデザインした
インディーズTシャツのshopはこちら↓
http://www.shojonotomo-shop.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

TOP