ShojonoTomo ArtWorks

Blog

ショウジョノトモのブログ【アーティスト情報!】

ショウジョノトモのアートワーク(Tシャツ・バックなど)やアーティスト情報をお知らせするブログです。
ブログ「ホ・オポノポノ」べにや完成

*ウニヒピリより

Hanabi展
day :2018/ 7月24日(火)~29日(日)
place:アートラボ東京
〒111-0053 東京都台東区 浅草橋4-5-2 片桐ビル1F
time:15時~20時
最終日29日午後18時まで。
18時半より両国橋に行き隅田川花火大会鑑賞(自由参加・有志のみ)。
午後9時終了後現地で自由解散。

出品予定者:
桜井貴 星川菜々美 わらおびびし 菅間圭子 森下泰輔 
村田いづ実 河野さおり 金子和彌 Kazuya Kaneko
ショウジョノトモ 三友周太 地場賢太郎 森洋史
あめのいち nibinibu ヨシナリミチコ 小野田拓真
(今回はAルームでパク・ヒョンス個展を開催しておりますのでBルームのみとなります)


---------------------------------------------------
Fireworks to destroy Asphalt Concret of me

私の「花火」は、日々自己の中で打ち上げていた「花火=爆破作業」の記録です。

ブログマーブルデビル

*創作途中 デビルが出た!と友人に見せたら、僕はプードルに見えると言われホッとした一枚

2018年3月から感情の赴くままに鉛筆やクレパスで書きなぐったもの。
かねてより「アダルトチルドレン」をテーマに創作をしてきた私はスキーマという自己が思い込みで作って
しまう設計図のようなものを知り「インナーチャイルド解放」のセラピストを訪ねたのです。

自分の潜在意識の深い所に沈んでいくと紅っぽい沼のような奥の奥に黒い墓石のような船艦?

ブログ瞑想で見たアスファルト軍艦
*瞑想後に見えた風景をスケッチ

その中に私は乗っているようです。
「このボコボコした質感はアスファルトコンクリート」
アスファルトコンクリートとは、地球の移動に今や不可欠となった利便性の象徴品。
私は、母に愛されるため、身の安全のために自分を都合の良い形状にコーティングしていたようです。
次回の個展のタイトルを「アスファルトコンクリート」にしていた、その真の理由も理解できた瞬間でした。

ブログ喧嘩するジャングルジム

*喧嘩するジャングルジム

ホ・オポノポノとウニヒピリ
ホ・オポノポノとは「正しい道に帰る」というニュアンスのハワイ語でインナーチャイルドの解放を説いた
ハワイの民間伝承。その中でウニヒピリは、極めて強力なパワーを持った潜在意識の事で、(もうひとりの自分)
を指します。
ハワイのキラウエア火山の溶岩噴火後は、まさにアスファルトコンクリートのよう。
偶然つながった私の「花火=爆破作業」に「ウニヒピリ」と名付け、
アスファルトコンクリート日記から数枚を抜粋し、展示します。

ブログアツコバルービル

*渋谷円山町のアツコバルーgalleryの外観を見て(先日アツコバルーさんは閉廊しました。お疲れさまです^^)

ブログアスファルトパフェ
*アスファルトコンクリートパフェ

ハワイにも同じような考え方があると教えてくれた友人に感謝も込めて。

ブログ240壁の写真


My "fireworks" is a record of "fireworks = blasting work" that I had been launching in myself everyday.
From March 2018 I wrote with a pencil or a crepus as I went through my emotions.
For some time I've been working on the theme of "Adult Children" as a theme I am making a schema self-thinking
I learned something like a design drawing and visited a therapist of 'inner child release'.
As you sink into a subconscious mind of your subconscious, a ship like a black tombstone behind the back like a
redish swamp?It seems that I am on board.
"Asphalt concrete textured with this bogo"
Asphalt concrete is a symbol of convenience that became indispensable now for the movement of the earth.
I seem to have covered myself in a convenient shape for my safety to be loved by my mother.
It was a moment when I was able to understand the true reason why the title of the next solo exhibition was
"asphalt concrete".

Hoʻoponopono and ‘Unihipili’
Hoʻoponopono preached the liberation of the inner child in Hawaiian nuance of "returning to the right path"
Hawaiian folklore. Among them, Unihi Piri is a subconscious with extremely powerful power, (another one's own)
. After the eruption of the lava of Kilauea volcano in Hawaii it looks just like asphalt concrete.
In my "fireworks = blasting work" connected by chance, we named "Unihipili" and from the asphalt concrete diary
Extract a few sheets and display them. Thank you friends who taught me that Hawaii has a similar idea.
関連記事
TOP