ShojonoTomo ArtWorks

Blog

ショウジョノトモのブログ【アーティスト情報!】

ショウジョノトモのアートワーク(Tシャツ・バックなど)やアーティスト情報をお知らせするブログです。
私にテーマ「SKISHIP BURNY]
母と子のskinshipレスによる火傷、と比喩表現した私の様々な活動があります。

アダルトチルドレンである私が創作すること自体はもとより
●DOUBLE TEE-SIRT PROJECT
(2人で1つのT-SIRTを着ることで自動的にスキンシップが取れる)というアイテムを国内外で発表
http://shojonotomo.com/gallery/double-t.php
http://shojonotomo.com/gallery/double-t.php

●YUKATA & MATURI PROJECT
自分に自信が持てない、また環境による、「恋愛しない現代人」の問題に
元祖出会いの場の1つであった盆踊り&祭り 勝負服の浴衣を
現代のSHOJONOTOMOの目線で製作し、祭りを行うという活動
http://shojonotomo.com/gallery/yukata.php
http://shojonotomo.com/gallery/yukata.php


上記は一般の方へ実用性のあるものではなく、美術表現の1つとして活動してきましたが
●オリジナルの抱っこ紐  DoodL Dacco
http://daccohimo.jp/
は、実際に赤ちゃんと母親のスキンシップと、健康を配慮した実用品です。
発案者は、青山でGALLERY花由美を経営される斎藤久美子さん
発案から試行錯誤してきたメンバー
現役ママであり、カイロプラクター である碓田 紗由里さん監修
産後のママと赤ちゃんの体のことを考えた
女性による女性のための抱っこ紐の1歩を踏み出しました。

アイコン2
私は自身のテーマと重なる点で、テキスタイルや、ビジュアルの一部を担当させていただくことになりました。
私は子供がいないので、アダルトチルドレン目線で名前の「よだれ」を提案したら
採用していただけました〜^^

よだれ沢山だけどママ抱っこしてヽ(゜▽、゜)ノ 子供からの目線もキャッチ!

カイロプラクターさゆりさんの旦那様の出された
碓田拓磨著書「姿勢がいい子はぐんぐん伸びる!」
はナツメ社から発売されています。
https://www.natsume.co.jp/books/10024

子供いないけど腰痛猫背の私は買うべきかも><


キャラクターは、パリの食をテーマにした展覧会で作成した
誰でも赤ちゃんみたいに甘えん坊になれる
と製作した、よだれかけbbqエプロンの絵本から生まれたキャラクターを使用しました。
よだれてキーワードもここで潜在意識に残ってたのか??

インスタさゆりさんが抱っこひも

お嫁さんおばけ

お出かけちゃん

進化と改良を繰り返しているingのブランドです。
どうぞ宜しくお願いしま-す。
http://daccohimo.jp/

DrooL Dacco(オリジナル抱っこ紐 )
マンガxARTで「マンガート」
ついにyoko oikwaさんが立ち上げました!
おめでとう^^

私はそのビジュアルをご依頼いただき
彼女の愛犬をモデルに私の描く人間犬と遊園地^^
ブログマンガートロゴ
ブログバナー

マンガート・ギャラリーは、実力派アーティストが実際に作品を創造する瞬間を体験する
創作オンリーのライブドローイングイベントだそうです。

そして早くも第1回目のイベント開催です。
私は漫画かではないけど、マンガに影響を受けた美術家として
artグッズをいくつか販売予定です。

さてテーマは、「ハロウィン×学校」‼
ワクワクするよなキーワード

実力派アーティストが「ハロウィン」または「学校」をテーマにした
イラストをコミッションとして実演制作・販売します。
世界でたったひとつのキャラクターが生まれる瞬間に立ち会い、
アーティストの卓越した創造力と作画スキルをリアルに感じる体感型イベントです。
なにやらそうそうたるメンバーの先生方が参加されるそう
「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」などで知られる入江泰浩監督(@IRICOMIX)の
ライブでアニメ制作など、詳しくない私でさえ知っている!
(私のアニメ情報は昭和&プリキュアあたりで止まっているのでありました><ごめん)

+++++++++
名称: 創作オンリーライブドローイングイベント 『マンガート・ギャラリー /Manga Art Gallery』
開催日時: 2018年10月28日(日)11:00~17:00
開催場所: IID 世田谷ものづくり学校  2-A教室

詳しくは、下記へアクセスしてみてね〜
https://www.facebook.com/mangartjp/
TOOWA2(トウワツウ)が挑むサイレント映画『侵蝕 -Erosion-』!

1532792758934.jpg

toowa.jpg


「登場人物の感情を音色で伝える」という実験的なshortfilm"ENSEMBLE"が
カンヌ国際映画祭のショートフィルムコーナーに選出されるなど
近年めざましく活動しているTOOWA2(トウワツウ)君が、
初の長編映画製作!クラウドファンディングに挑戦(私は衣装の企画制作で参加)

インスタエローション

*言葉感情を表現できない人々をコルセットのような強制品として表現したいと思い
スケッチを描いたもの(私が1発目にかんがえたのは箱人間ジャミラみたいなもっと動きが取れにくいものだったのを
toowaくんの意見を聞いて改良。2人で日曜大工センターまで物色に行ったり来たり^^)

脚本を読ませていただきましたが、感情を言葉で表現できない人たちというキャラクターは、
私の創作コンセプトと共通していたのでのめり込んで耳を傾けました。
残念ながら、クラウドファウンディングは目標額に達しなかったので
映画作成は今回実現はしませんでした。
でも100万以上の金額をご支援いただいたり、様々な出会いを得て
次回への新たな手応えを感じました。(て、私がいう事じゃないか?)

クラウドファウンディングをクリエイターが起こすことへの賛否両論があるようですが
どんなモノでもすべてがyesでないのは当たり前。noと感じる人に強要するつもりはありません。

でも作家への神聖化を求めるあまりか?
俗世間のことを考えることができない人=芸術に陶酔している人
と考えるならば、その人はその作家の才能を真に見ているとは思えません。

また、今回toowaくんの活動を見ていて感じましたが
彼自身、自己資金を工面した上で不足分のご支援を受けるために日々努力を重ね
決して楽して資金を得られるモノなどと思っていないこと
またその自己資金も簡単に手に入れたのではないことを知ってほしいと思いました。
また、もしそう言った苦労がなく、クラウドファウンディングを立ち上げたとして
創りたい熱意に対して、投資したい人がいる
シンプルにそういう気持ちが起こる事こそ素晴らしい事じゃないでしょうか?
自分が稼いだお金を、他人の夢に投資し実現させる事が自分の夢になる
それこそすごくピュアな「熱」!
これをきっかけに、私もアウトサイダーのギャラリーと、友人の映画祭に初クラウドファウンディング
参加してみました。

ぜひtoowa2くんには再チャレンジをしてもらいたいと思います。
ご協力くださった皆様に心からお礼を申し上げます^^


https://motion-gallery.net/projects/t2filmproject

Experimental shortfilm "ENSEMBLE" that "tells the characters' feelings with timbre" was elected as a short film section of the International Cannes Film Festival

TOOWA 2 (Touwattsu) who has been acting extensively in recent years is planning a silent movie "erosion - Erosion -".

And the first feature film production! I decided to challenge cloud funding. I participate in costume planning and production.

I read the screenplay, but the characters that people who can not express emotions with words were in common with my creative concept, so I listened attentively. I am very glad if you can see the thoughts on this first feature film and get interested and get interest.thank you

インスタキリンの滑り台

ブログカオリンとtoowa


DSC_4235.jpg


1528518053111.jpg
*俳優さん、ミュージシャンの方など集まってアピールイベントや、様々なイベントに顔を出して宣伝告知
toowa2くん、皆様、またvol2でお会いしましょう〜^^
TOP