ShojonoTomo ArtWorks

Blog

ショウジョノトモのブログ【アーティスト情報!】

美術家「ショウジョノトモ」のアート活動や最新情報をお知らせするブログです。
今さら日記
水の波紋展2021 +「パビリオン・トウキョウ2021」
1631603544271.jpg


すでに秋になっちゃいましたが、オリンピック開催と共に、
唯一夏を満喫させてくれたワタリウム美術館の和多利恵津子さん、
和多利浩一さん、アーティストの皆さんに感謝を込めて。
IMG20210828175012.jpg

毎日同じ部屋の中で、あれ駄目これ駄目と緊張とストレスを繰り返し、
創作意欲も萎えていた私を元気づけてくれた展覧会

創造とは、どんな手法であれ人間がやっていること。
そこには必ず感情とその人の放つ人間臭があり私達はそこに触れた時、
自分とリンクさせ気持ちが動くのだと言うことを
今更ながら教えてくれる小旅行体感をさせていただきました。


フランス人作家 JRさんの「インサイドアウトプロジェクト(フォトブース)」を機に、
水の波紋展を知りバスツアーに参加。
IMG20210814154308.jpg
IMG20210814160842.jpg
IMG20210814160847.jpg


会田誠さんの作品の絵がパッケージになった水のペットボトルを貰いバスの一番前の席に座る。
ワタリウム美術館の和多利さん自らガイドしてくださる上
プチ旅行(気分)を味わえて楽しい(^o^)
1631603304813.jpg
IMG20210828143441.jpg


青山ってスパイラルとかハイファッションというイメージだったのに
ほんの1ブロック裏に回ると庶民的な昭和が満載!
青山が地元である和多利さんならではの思い出やお友達のお家の話などもリアル。
(青山でバナナのたたき売りをしていたジオラマもおもしろい)
*弓指寛治作のジオラマ
241794770_10224647450186345_1326143335441220788_n.jpg

当時モダンだったビルは、2012年の作品を引き立ててくれてます。
次回この場所に来た時はもう解体されているんだろうな。。。
と思いながら歩いてたらJRさんのポスターが壁をうめていて、自分の写真発見!
1631603357362.jpg

この2021年にこういう形で壁の一部になっているのがみれてうれしい。
(ちょうど壁のぼっこりで近目になってるのがまた良い)

参加作家さんの内容はウエブで正確な詳細が掲載されているので、
ここでは私の主観でかいつまんで書きます。

今回一番印象的だったのが、ある作家さんの紹介で和多利さんの[関西的な作家]という表現でした。
東京の作家はスタイリッシュな感じが多いのに対して関西的とは。
私の勝手な解釈だと、生活に密着した着眼点や素材、サービス精神、サブカルチャー
人間臭い温度のある作風。(これ褒め言葉です)私自身もそのタイプだと思ってます。

和多利さんのキュレーションの思いに書かれていた、
思い出深い地元の様子が再開発により消えていくことの感傷というものが
リンクされているという言葉はそのとうりでした。
オリンピックというキーワードによる時の流れ、社会に翻弄される人間と街の変化。
そこには許し難い戦争や震災などによる無理やりの変化も内包されている。
私が感じた人間臭さは匂いによる記憶にもありました。

まず、スタートした渋谷区役所 第二美竹分庁舎の消毒液の匂い
(草間彌生さんのインタラクティブルームも:来場者が白い部屋に
水玉ステッカーを貼っていく
(自分にシール貼っちゃだめ! 注意されました><ごめんなさーい)

1631603304894.jpg
1631603544400.jpg

そこに展示されたugoの使用していたシャンプー、
IMG20210814162618.jpg

山陽堂書店の弓指寛治さんの描いたアトリエで絵を描く
岡本太郎さんのひまわり、

IMG20210828135115.jpg

人がいなくなった団地やクジラ公園
241803635_10224647447946289_4970174776333382793_n.jpg
IMG20210828144709.jpg

IMG20210828145236.jpg
横のビルのコンクリートの匂い、
IMG20210828141236.jpg

夏の日差しをあびて照り返してる川俣正さんとフランツ・ウエストさんのたんこぶと物置、
IMG20210828143111.jpg

SIDE COREの遊具の配置された空き地の砂ぼこり、、、
IMG20210828153022.jpg
IMG20210828153255.jpg
IMG20210828153306.jpg

どれもこれも自分の生きてきた様々な時代の記憶を呼び起こす生活臭があり、
温度があり、夏の草と土とコンクリートの匂いはは
生きていく上で受け止めなければいけない人間社会の現実と変化と
試練や生き様みたいなものを感じました。

そしてツアー最後は、大好きな藤森照信さんの作品
IMG20210828154932.jpg
IMG20210828161223.jpg
IMG20210828161217.jpg
IMG20210828155621.jpg

の中に入り終了。四畳半のお茶室からオリンピック会場を見つめるという趣旨でしたが、
あんなに広く感じた四畳半は生まれて初めてかも。
森の小動物が出入りするような丸い出入り口は東京に住む
ドブネズミから老人まで魅了してやまないでしょう。
IMG20210828161603.jpg
1631603482223.jpg
1631603482194.jpg


ツアー後見た会田誠さんの東京城はwebで見ていたよりも小さいような?
(この写真はメイキングビデオの中の模型。
観客は作品を一瞬で見るけどそこに至るまでの作家の想いや時間て見逃されがちです)
241873003_10224647444746209_1053948526034044384_n.jpg

(雨や湿気で段ボールが縮んだんだろうか?)でも日々縮んでいく建物があるとしたら
マトリョーシカみたいで面白いなと勝手に想像しながら、
帰り道Yottaさんの屋上カラオケから流れる誰かの歌声を聞きちょっと哀愁。
IMG20210828145808.jpg
IMG20210828145747.jpg

東京で生きる人たちが抱えたストレスは夜のカラオケで天に昇天されていくんだな。
本当にオリンピック開催地が決まった時の滝川クリステルさんが言った
「お・も・て・な・し」この展示はまさに「おもてなし」
を受けたというほっこりを残してくれた企画でした。

水の波紋展作家:クリスチャン・ボルタンスキー / デイヴィッド・ハモンズ / 檜皮一彦 / ホアン・ヨンピン / ファブリス・イベール / JR(ジェイ・アール) / 柿本ケンサク / 川俣正 / フランツ・ウエスト / バリー・マッギー / フィリップ・ラメット / 名もなき実昌 / 坂本龍一 / アピチャッポン・ウィーラセタクン / 笹岡由梨子 / SIDE CORE / 竹川宣彰 / トモトシ / UGO / 梅沢和木 / 山内祥太 / Yotta / 弓指寛治 / 渡辺志桜里 / ビル・ウッドロウ

パビリオン東京作家:藤森照信/妹島和世/藤本壮介/平田晃久/石上純也/藤原徹平/会田誠/草間彌生
(体力と時間の限界で全部見れず9/5に終了。。。ここに書いていない作家さんも沢山います。ぜひこちらからご覧ください)

水の波紋展2021
This is a viewing report of two art projects curated by the Watarium Art Museum. Old housing estates and buildings from the 1960s behind the high society places of Aoyama, Tokyo. The contrast between Tokyo's melancholy and the Olympics, which changes with the reopening, is very interesting. It is a valuable experience that you can understand the heart of Japan.

#水の波紋展2021 #パビリオントウキョウ2021 #オリンピック再開発  #青山  #ワタリウム美術館  #watari-um  #和多利恵津子  #和多利浩一   #草間彌生  #藤森照信  #会田誠
ブログパラレルワールドが遺骨

2004年に山口百恵のパネルに付いた霊?を除霊してくれた先生は
なんと!演劇の脚本家でもあった(冗談で買った伊豆の踊り子の基盤だポスターパネル)
そんな橋田 安寸男先生の演劇公演のお手伝いをしまーす。
こんなオブジェやホラーアイテムを飾りつつ
ホステス役が花嫁姿でご奉仕しちゃいます。
さんざんARTで結婚をテーマにしてきた私だけどよく考えたら
自分でWEDDYINGドレス着てない事に気がつき初花嫁してみます。

10/25の19:00 CLUB PARALLEL WOLDにて御待ちしています^^
勿論サイコチックブレインな先生の描くWORLDもお楽しみくださいませ
(25日13:00からの講演は、マスコミ枠がまだあるためご招待も受け付けているとの事
ご興味ある方は、下記お問い合わせ先か
shjonotomo@yahoo.co.jpにて受け付けてます。
ぜひぜひJOIN US〜♪)

 Parallel World

10/24.25.26
PLACE: KID AILACK ART HALL&GALLERY
世田谷区松原2-43-11
O3-3322-5564
MAP

24日20:00〜
25日13:00〜/17:00
26日13:00〜/17:00
前売り4000YEN/当日4500YEN
チケット予約 &お問い合わせ 090-8563-7699
NOAYASU@SOFTBANK.NE.JP)橋田)

ブログパラレルワールド


ブログ10月25日フライヤー


★CLUB PARALLEL WORLD
10/25(sat)19:00open
DOOR 2000YEN
講演の半券をお持ちの方は15OOYEN
DRINK 200YEN~500YEN
中日にパフォーマンスとホステスにYる倶楽部が出現
演劇の後にお楽しみください。

神田
東京藝術大学主催の神田コミュニケーションアートに
元nanzukaのギャラリストゆうちゃんと、6%ドキドキの衣装作成や、壁画など多才な
こばちゃんと行ってきました=。
日曜日の神田は閑散としているのに
古本のほこりや印刷所の工場の匂いがして不思議になつかしい。。

まもなく取り壊す、電気大学の校舎を利用してのアートフェス。
初日の一番乗り、人もすくなくて、まだ搬出を終えてないとこも沢山。
回りきれないくらいの部屋や作品があることを知り、
長居できない私達は、とりあえず知り合いのとこを見ていくことに

あぼちゃん
まずイラストレーターのアボット奥谷くんのとこをたずねた
galaxxyオーガナイズの部屋で
モモクロ大好きアボちゃんのa5の原画が好き!
galaxxyのデザインをされたデザイナーさんと、転校生仕様のこばちゃんも

ギャラクシーブース
お隣は、galaxxyのメンズデザイナーのかしこくんとじゅんくんの作品。
本人しかしらず、始めて絵を見れた。
(パッションさくれつの方はかしこくんです)
今まで藝大主催なんていうとfashionブランドがブースを持つなんてなかったのでおもしろい試み。
どんどんやってほしい

お腹がすいたけど上の階にあるカフェがまだ稼働していなくてがっくり
そしたらこばちゃんのお友達のマジック小林さんにばったり
おいしいカレー屋さんに案内してくれると言うので皆で神田に繰り出す。
マジック小林サンは、美学校で毎週金曜日講師をしていて
そこでもグルメな味覚をもとに、カレーを披露したとか。
バーモントカレーと自作の比較?おもしろーい
(話してるうちに、実は昔会ってた事判明。ごめんなさいー)

エレベーターでちらみすると各階おもしろそうで迷う
と、立体作家の石塚くんにばったり
最近ビリケンギャラリーで見たけど、最近は木彫りの作品を作ってるそうで
皆で大作を見に行く。

石塚くん
巨大なトーテムポールを横倒しに展示してる。圧倒です
虫除けのしょうのうの木で掘ってるとか、いろいろ説明を受ける。
(アボちゃん、石塚くんに挟まれた私が異様に小さいのは作品見える様に縮めてるからだよ)

こばちゃん
こばちゃんが人目ぼれした背中のラインがなんとも言えない象の前で

マジックこばやしさん
最後、マジック小林さんの部屋 地下室
実験音楽に反応する光と立体。
時計仕掛けのオレンジのおじちゃんのような、ラッツ&スターの鈴木さんのようなホラー顔になってますが
本当は優しいお顔です。

この後手作りのzinイベントに参加で浦和にいかねばで、
他のブースは後日また見に行こうと、後ろ髪ひかれながら秋葉原まで早歩き

11/25まで続き、どんどん進化させてokのこのイベント
パスポート買えば何度も行けるそう。
この自由な感じに感化されて、制作途中の建物の絵の中に住人1名を書かせていただいた。
作家さんごめんなさい。素敵ないたずらとおゆるしください。(鉛筆だからきえるよ)
TRANSARTS TOKYO
つづく


TOP