ShojonoTomo ArtWorks

Blog

ショウジョノトモのブログ【アーティスト情報!】

美術家「ショウジョノトモ」のアート活動や最新情報をお知らせするブログです。
予告編7

予告編4

予告編8

予告編3

予告編6

予告編1

予告編2

TOOWA2(トウワツウ)の初長編映画『侵蝕 -Erosion-』の
予告編がついにupされました。

役者の感情を音楽で表現をするという
役者とミュージシャンが2人で1人セットという設定で
ショートフィルムを作り、海外の様々な映画祭で評価されてきた
TOOWA2の初の長編サイレント映画です。

森の中に住む「言葉を知らない人間]は(白)の衣装
「その人間の感情表現するミュージシャン」は(黒)の衣装です。
私は黒と、後半は白も制作させていただきました。
(前半の白衣装は氷で布を染めるSAYAKA ASAIさんが担当されています)

年内に映画上映を予定しています。まずはこの予告編をご覧ください。

言葉をもたいない人々。。
撮影後改めて思ったのは
自分の感情を誰かが奏でてしまったら、嘘ってつけなくなるのだろうか?
そうなったら社会はどうなるんだろう?
toowa2くんに質問してみよう。
映画観覧後の皆さんの様々な感情に出会えることが楽しみです^^

EROSION 予告編





TOOWA2's first feature film "Erosion-"
The trailer has finally been uploaded.

To express the emotions of the actor with music
With a setting of two actors and one musician
He made short films and has been evaluated at various overseas film festivals.
This is TOOWA2's first feature-length silent film.

"Human who doesn't know the language" who lives in the forest is a (white) costume
"The musician who expresses the human emotions" is a (black) costume.
I also made black and white in the second half.
(SAYAKA ASAI, who dyes the cloth with ice, is in charge of the white costume in the first half)

We are planning to show a movie by the end of the year. Please see this trailer first.

People who have no words. ..
What I thought about again after shooting
If someone plays my emotions, will I not be able to lie?
What will happen to society if that happens?
Let's ask toowa2.
I'm looking forward to meeting everyone's various emotions after watching the movie ^^

EROSION in english

#映画 #toowa2 #サイレント映画 #artfilm #erosion #kaori_tubaki
#衣装 #コスチュームデザイン #costumedesign 
#art #現代美術 #Contemporaryart #shojonotomo  #ショウジョノトモ
ブログNO_WAR靴下s

私はよく靴下が片方だけ失くなり、左右違う靴下を履いています。
そしてこんな組み合わせの靴下のペアが出来ました。
ウクライナと日本の国旗のカラーです。
紅白の靴下は80年代のテニス用のデッドストックで巣鴨出身
青黄色は雨の日の渋谷、スニーカーの底が取れびしょ濡れになり
渋谷のドンキホーテで購入したOUTDOORのもの。
多分異国で製造されたものでしょう。

この出身地も個性も違う靴下は、私のずぼらさと家にいる神隠し?
のせいで生まれたペアです。
これは予測しない出来事に寄り添い共に前進していく事を教えてくれているようです。
(単純にだらしないだけでしょと言われたら身も蓋もない><)

私は2010年に自身のテーマ「スキンシップレスによる様々な弊害」を意味する
skinship burnyの活動の1つとして
片方だけになった靴下の新たなパートナーをマッチングする
「婚活屋さん」と「結婚式」を渋谷東急ハンズで開催しました。

hp靴下の婚活
 *呼びかけで集まった片方だけの靴下たち。10人と10色。
今見ると世界地図みたい^^


連日報道されるロシアとウクライナの問題に限らず戦争は
突き詰めていくと愛情が歪んだ結果だと思います。
弱さをプロテクトするために攻撃をしたり
自己や身内を良くしようと考えた方法が、結果独りよがりのエゴになってしまった
(日本の歴史もそうですが)
本人が正しいと思い込んでしまった思想故に話し合いはつかない。
でも最初のスタートには必ずどんな形であれ愛があると私は考えています。

愛情のやりとりとダブル。。。
私はこの靴下や2人で1枚のtシャツを着る「DOUBLE T-SHIRT]など
人間のコミュニケーションに不可欠な’ダブル’に拘っています。
これは他者とのつながりのダブルを示すだけでなく、
自分の中にいる自分の声を聞き大切にするという
自分自身とのダブルも指しています。

つまり他者とコミニケーションを円滑にするために
自分の気持ちを置き去りにするのはxだということです。
自分を蔑ろにして他人に優しくしなくてはと尽くすとボロボロになる。
傷ついた人ほど更に身を削るので、そういう人はまず自分の中の自分を見ましょう。
人にはそれぞれの状況があり、正義感ゆえに「こうあるべきだ」を振りかざすことも
暴力になってしまうことがあります。

だから、今のこの状況に何らかの行動を起こすことが今の自分にヒットし
可能なら参加してみてください。
決して〜しなければの支援告知ではありません。



私にとっての東ヨーロッパ


ウクライナの西側にある隣国「モルドバ共和国」は
私が個展を開催しようとしていた国です。
(2019年に在モルドバ大使館の方からお声がけをいただき
コロナや様々な事情で保留を繰り返していました)
モルドバはウクライナ同様、旧ソ連から独立を果たしたものの
GDPが年2,700ドルで欧州地域ではウクライナの次に低い値の国
(1人の月給が役2.5万円)です。

4人に1人が出稼ぎをせねば生活が成り立たず、それにより騙されて人身売買が問題となっていたり
家族が別々に暮らさねばならない。(でも国民は大変明るくフレンドリーだそうです)
そして同じく戦争の被害に遭いながら立ち直った日本のオリジナルの文化に
大変興味を持ってくれていて、日本の人形展を開催した時には
国民が入場料を支払い2万人以上(モルドバの人口が350万人程度,首都80万人)が詰めかけたそうです。

モルドバの人は,まず「芸術のために国境を越えて行くことができない」
この言葉は私を動かしました。
日本の芸術家の経済状況や、立場は一部を除いて良好ではありません。
だからこそ、アーティストには理解できることがあると思います。

このような経済状況の中
モルドバは東日本大震災の時に日本へ720万円の寄付をしてくれました。
そして自国に余裕がない中、今度はウクライナを助けています。

いくつかある救援支援を調べていていくつかの支援を見つけました。

まず、ウクライナへの寄付が届くのに日数がかかるため
ウクライナ避難民へのダイレクトな寄付が出来、
また避難民を受け入れているモルドバ共和国への貢献が出来るという救済支援です。
(カネコシュンさんと和田健佑さん(パートナーがウクライナ出身のロシア人)
が立ち上げています。詳しくは下記参照ください)


2xUtA2rZ.jpg
ウクライナに隣国モルドバ共和国を救済記事


ブログモルドバ救援

●Kensuke Wada 和田 健佑さんの支援サイト
(モルドバ大使館を介し、ウクライナの避難者へのダイレクトな支援ができます)
https://www.durm-jp.org/donating-page
モルドバ共和国に避難するウクライナ人への救済


●ZOZO TOWEN ウクライナ人道支援チャリティーtシャツ
Tシャツの全ての売上を、ウクライナでの平穏な生活を奪われてしまった方々への支援のために、
Yahoo!ネット募金の登録団体である特定非営利活動法人
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)に寄付しています。
我が家では2枚購入し、これを2人で1枚を着るダブルtにしたい思っています。
このdouble t-shirtのwork shopはモルドバで開催しようと企画していた
プロジェクトの1つでもあります。
これ着るたびに拡散されていくので無理なく継続できるのですごく良いです。

ブログダブルtzozo_tシャツ

支援tシャツ販売はこちら https://zozo.jp/ouen/
ZOZOウクライナ支援tシャツ

また、不思議な縁ある場所からの支援
●長野県東御市
ウクライナへの人道的支援募金箱


2020オリンピック東京大会におけるモルドバ共和国のホストタウン
となった東御市は、ワインの産地という共通点のある小さな市。
そのことからウクライナからの避難民を救援する
隣国であるモルドバ共和国を助けるため募金箱を設置しています。

この東御市、私のパートナーの実家がある場所なのです。
(そういえば、占い師さんに私は前世でモルドバに居たことがあると言われたんだった)

*詳細
https://www.city.tomi.nagano.jp/category/gienkin/158550.html
東御市チャリティー


他にもウクライナへの支援は様々な方法があり、
すでに色々熟知されている方はぜひ色々教えてください。

モルドバで関わるはずだった東ヨーロッパの方々と
日本から別の形でつながる事になった。。
靴下同様、この出来事を受け止め前進していこうと思います。

ブログ2021モルドバ個展フライヤーイメージのみ
 *モルドバでのDOUBLE T-SHIRTの展示をイメージして作成したフライヤーより

支援サイトや活動については拡散いただけたら大変嬉しいです。
そして今回命を落とされた方々に本当に心からご冥福をお祈りします。
love

Losing one sock I often wear different socks. And I made a pair of socks with this combination. The colors of the Ukrainian and Japanese flags. This seems to teach us to stay close to unexpected events and move forward together.

Ukraine support
Do you know the Republic of Moldova?

The "Republic of Moldova" is a country about the size of Kyushu, which is next to the western side of Ukraine, and has a population of about 3.5 million. Like Ukraine, it gained independence from the former Soviet Union in 1991.
In 2019, I was planning a solo exhibition in this country with a voice from the Embassy of Moldova in Japan. (Repeated hold due to corona and various circumstances)
It is a very complicated feeling to see the land of Moldova in Japanese newsreels because of this situation. > <
Ukraine and Moldova are said to be the poorest countries in Eastern Europe at 1.2 (one person's monthly salary is 25,000 yen), and one in four people go to work and are deceived by them to hear the problem of human trafficking. However, the people are cheerful and friendly, and they are very interested in Japan, which is also suffering from the war, rebuilding its economy and transmitting its own culture.


But Moldovans "cannot cross the border because of art"
It's hard for people to imagine that they don't have their own experience, but I remember that this word shook my experience and memory and made me feel uncomfortable.

The words that a man who evacuated from Ukraine but returned to Kyiv would fight here to the extent that he was deprived of his freedom cannot be imagined by the Japanese, who are protected to some extent in peace. Can modern Japanese understand the inconvenience of taking their lives and winning freedom?

The economic situation and position of Japanese artists are not good except for some.
That's why I think artists have something to imagine and create.
The double t-shirt (wearing one for two people) that I was trying to do in Moldova is like socks with different personalities born from my Zubora.
Accepting accidental events and moving forward by snuggling up (I think it's the merit of art that I can say this, though it's too sloppy)


I don't know how difficult it is, but I tried it because it was interesting.
It may be a trigger or awareness of something.

Moldova donated 7.2 million yen to Japan at the time of the Great East Japan Earthquake.
And while I can't afford it, I'm helping Ukraine this time.
I was looking into some relief aids and found some aids.

First, because it takes days for donations to Ukraine to arrive
Direct donations to Ukrainian refugees
It is also a relief support that can contribute to the Republic of Moldova, which accepts refugees.
(Mr. Kaneko Shun and Mr. Kensuke Wada (Russian partner from Ukraine)
Has been launched. See below for details)



●Ukraine support with Republic of Moldova

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220311/k10013526031000.html


● ZOZO TOWEN Ukrainian Humanitarian Charity T-shirt
https://zozo.jp/ouen

All sales of T-shirts are donated to ADRA Japan, a non-profit organization that is a registered organization for Yahoo! Net fundraising.
I would like to buy two at my house and make this a double t that two people wear one.
(This double t-shirt work shop is one of the projects I was planning to hold in Moldova)
Mr. zozo is wonderful because the spread spreads by wearing it even after the support.

● Support fundraising in Tomi City, Nagano Prefecture
https://www.city.tomi.nagano.jp/category/gienkin/158550.html

Relief by Tomi City, which became the host town of the Republic of Moldova at the 2020 Olympics (a small city with a common wine-producing region) This Tomi City is where my partner's parents' home is. This pinpoint in wide Nagano prefecture!

With the people of Eastern Europe who were supposed to be involved in Moldova
It was decided to connect from Japan in another way. ..
As with socks, I will take this event and move forward.

I think it is difficult not only for Ukraine but also for countries that accept other evacuees.
If you have other good methods or ideas, please let us know.
I would be very happy if you could spread the word about support sites and activities.
And I pray from the bottom of my heart to those who lost their lives this time.
Love



#ウクライナ支援
#チャリティー
#モルドバ共和国
#支援
#doublle_t-shirt
#長野県東御市
#現代美術にできる事
#カネコシュン
#和田健佑
#shojonotomo
#ショウジョノトモ
#nowar
# Ukraine support
# Charity
# Republic of Moldova
#support
# Doublle_t-shirt
#TomiCity
#Nagano
# contemporaryart









ブログプードルドレス

ブログプードルドレス肩

プードルNICKI

今回の衣装作品の記録影編はちょっとnickiに似ている
ヴィンテージのマネキンで行いました。
(このマネキンは92年に個展のために用意したもの)
nickiが当時どこで着用したかとsetで紹介します。

The recorded shadow version of this costume work is a bit like nixi
I did it with a vintage mannequin.
(This mannequin was prepared for a solo exhibition in 1992)
I will introduce where nicki wore it at that time with a set.

ブログチアガール物撮りマネキン

5_10.jpg

ブログ裸エプロン
めざましTV
NIKU1
MEZAMASHI エプロン
NIKU2
NICKIが目覚ましTVでNIKUを語る図

ブログouppy braマネキン物撮り

NICKI1



1_30.jpg

インスタ2022-2パンストインベーダーズレギンス物撮り

3_3.jpg


ジャンプスーツ物撮り正方形


jumpスーツを着るnicki

ブログtomoが模倣しているニッキー
2_18.jpg
インスタtomoニッキーフェイクファー頭

2_10.jpg
私が別の展覧会のために作成した作品、
nickiのために作成した作品と様々なものがありますが、
今回その中の一部を記録できました。

撮影協力してくれたカメラマンの間壁一晴くんと、
ヘルプしてくれたメーテル本当にありがとう^^
There are various works that I made for another exhibition,
works for nicki, and so on, but this time I was able to record some of them.
Thank you very much to the cameraman Issei Makabe
who cooperated with the shooting and Maetel who helped me ^ ^

#nickiminaj #hiphop #ブロンクス #ブートレグ #ブートクチュール #gucci
#AlessandroMichele #DapperDan #ダッパーダン #mtv #facemask #iseei.makabe
#衣装 #コスチューム #ニッキーミナージュ #shojonotomo #ショウジョノトモ
#onchmovement





TOP